網に囚われた男

キムギドクの作品。

観たまま、感じたままに感想を述べたくなる映画でした。
北朝鮮と韓国の抱える問題をそのままに映像にしたともいえるのですが、普遍的な問題も映しているので、この監督の作品は映画祭で評価されているのかなと思いました。
気になったのは、「我々がこのように思っているから、このようであるに違いない」というような論法が度々出てきます。このあたりのやり取りは日本から見ると文化が違うと感じるところかもしれません。

日本と韓国は関係は現状において良くない状況にあり、韓国の国家としての対応はいかがなものかと、ブログ主も思っています。
しかし、キムギドクの映画は面白い。

クラブワールドカップ2005 カズ登場

クラブワールドカップ2005、正式にはクラブ世界選手権2005の話。

この大会ではシドニーにカズさんがレンタル移籍して出場しています。
そんなわけで5位決定戦を観戦したのでした。
この試合をシドニー側で観ようとする日本のサポーターはチームよりカズ個人を応援に見にきている。そんな感じでした。ブログ主もそんな中の1人でした。
カズのユニフォームを着ている人もいました。
しかしながら冬の夜の寒い中でサッカーを見に行こうとする人間はやっぱりサッカーが好きで、目の前でサッカーが始まるとだんだんと盛り上がっていくわけです。
シドニースローインだと思ったら、主審が相手のアルアハリのボールだとジャッジしたところでブログ主の前の席の人が叫びました。
「マイボールだろ!」
2、3秒の後、
「ん・・。マイボールて・・。」
そんな感じで叫んだ人はつぶやいたのでした。
笑ってしまうのを我慢しながら、非常に共感したのでした。

カズさんは50歳

カズさんの物語。

ブラジルでプロサッカー選手になって、イタリアに渡ってフランコ・バレージにやられそうなところを潜り抜けて、今はスタンリー・マシューズと争っているわけです。
素晴らしいとしかいいようがないです。

カズさんのキャリアハイのときのプレースタイルは得点能力の高いウインガーだったとブログ主は思っています。
どこかで書いたかもしれませんが。
しかしFWとして見なされてしまった場合、混乱が生じる、過去形で書くならば混乱が生じてしまったと思っています。

Hello Another Way

Jリーグを眺めたり、ブリグリを聴いたりしてのんびり。

ファストコンボイ 感想

映画の感想。

ギャングのアクションものといえるのでしょうか。
前半は登場人物の背景の紹介。後半はカーアクションと銃撃戦。
観ていて思ったことは3つ。
1つは手榴弾は大事。
2つ目はこの映画の監督はやや遠めから風景の画を撮りたいのかなと思いました。
3つ目はなんとなく鮫肌男と桃尻女を思い出しました。

シーボーグ 感想

スプラッターホラーの映画の話。

相手はゾンビではなく宇宙人で、映画製作予算が少なそうで、ツッコミどころ満載ですが単純に楽しみました。
オーストラリアの監督で動物愛護の話にしたかったのかわかりませんが、とりあえずスプラッターなSFです。
途中で日本と中国を混ぜたようなクレイの怪獣アニメがナショナルのテレビで流れて日本の観客から見ていると、まさにカオスです。
登場人物で帽子を気にする女性が元オセロの人、もしくはカリスマドットコムの人に似ているような気がして落ち着かなかったです。

もうすぐ2017年JFL開幕

もうすぐ2017年のJFLが開幕します。

今年は三重と今治が参加します。
三重県としてはコスモ四日市以来の全国リーグへの参加になるのでしょうか。
以前、トルシエさんが琉球にいたときはJFLでもフラット3をやっていましたが、今治はどんなサッカーを見せるのでしょうか。