真田丸 秀吉

昭和のころ、自分で会社を立ち上げた社長がどんどん事業を拡大させていく。夜になれば銀座の繁華街に繰り出していく。

時間軸がおかしいけれど、そんなイメージの話だった。