読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

網に囚われた男

キムギドクの作品。

観たまま、感じたままに感想を述べたくなる映画でした。
北朝鮮と韓国の抱える問題をそのままに映像にしたともいえるのですが、普遍的な問題も映しているので、この監督の作品は映画祭で評価されているのかなと思いました。
気になったのは、「我々がこのように思っているから、このようであるに違いない」というような論法が度々出てきます。このあたりのやり取りは日本から見ると文化が違うと感じるところかもしれません。

日本と韓国は関係は現状において良くない状況にあり、韓国の国家としての対応はいかがなものかと、ブログ主も思っています。
しかし、キムギドクの映画は面白い。