読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旭日旗について

旭日旗について書いてみます。


日本国内から見て
日本国内では、旧日本軍旗、現在は自衛隊旗として使われているという認識でしょうか。
旭日旗が好きな人もいると思いますし、嫌いな人もいるのではないでしょうか。
ブログ主は日本国内では旭日旗が好きな人はそれでいいのではないかと思います。

AFCから見て
今回、ACLにおいて韓国内の試合で川崎フロンターレのサポーターが旭日旗を掲げたことが問題となっています。
最終的にはAFCが問題であったと判断するか、しないかということなのでしょう。
川崎やJFAは政治的な意図などはなかったと主張するようです。
韓国側は旭日旗をかなり嫌っているようなので、旭日旗は軍事的な主張であると抗議することは予想されます。
様々な主張があるとは思いますが、最終的にはAFCの判断なのでしょう。

旭日旗の扱いについて、日本のサッカーにおいては正直なところ、曖昧な扱いだったのかもしれません。
FIFAは軍旗のスタジアムへの持ち込みを政治的な主張とみなすのではないかともいわれているようです。
スタジアムへ全ての国旗の持ち込みは可、全ての軍旗の持ち込みは不可という判断になるかもしれません。

スタジアムへ旭日旗の持ち込みが出来なくても別にかまわないとは思います。
そもそも世界的に見ても旭日旗を嫌っているのは朝鮮半島と中国などで、多くの国ではそれほど嫌っているとは思えません。

そう考えると敢えて韓国のスタジアムに旭日旗をアピールしに行く必要性はそもそもないのではないかと思うのです。
韓国にわざわざ旭日旗を持って行くメリットはあるのかと。

関東サッカーリーグを楽しみながらこんなことを考えました。