えんさんは問う

近所で野良猫と目があう。

「そのこえは、わがとも、りちょうしではないか」
猫は泣きもせずに去る。
これは夢に違いないと思いつつも出発。