知事抹殺 映画

ドキュメンタリーの映画。

逮捕された福島県知事が意味不明の逮捕だったと証言する内容です。
ただし、逮捕した側からの話はこの映画の中では出てこないので、そこは頭に入れておく必要があります。
結局、裁判では収賄額はゼロ円だけれども有罪となるという観ていて意味がわからない展開です。
逮捕理由は収賄関係ということのようですが、知事は何故、原発に反対しているのかと取り調べの際に聞かれたといいます。
つまり、原発反対派と思われたので、別件逮捕を行ったのではないかということでしょうか。
知事は原発に反対というよりは、原発の安全性に疑問であったということが映画の中で語られます。この逮捕が起こらず、原発の安全性が改善されていたら、福島原発の爆発は回避出来た可能性も示唆されています。

いずれにしても取り調べの可視化は進めた方がいいのではないかと思うのでした。
広告を非表示にする