希望の党という新党について

素朴な疑問。

今の東京都知事の経緯から幸福実現党とこの党は協力関係にあるのだろうか。それとも関係はないのだろうか。

ちなみにブログ主は立憲主義こそ、希望だと思っています。

憲法改正と参議院合区

参議院議員の合区の問題について書いてみます。

島根と鳥取、徳島と高知では県をまたいだ選挙区が設定されています。
これは人口に比例して選挙区を作ると県をまたぐ必要が出てくる為です。
これに対して憲法を改正して、合区ではなく、県毎の選挙区を作ることが検討されているようです。
つまり、投票に格差が出てしまうことを固定するということです。
これは民主主義として問題だと思います。
投票そのものに格差を固定してしまうのは、主義主張ではなく、住んでいる地域の人口比率で物事を決めることになります。
例えば1000万人の意見より、60万人の意見が優先されるような事態は大きな問題だと思うのです。

ただし、前述の四つの県の人たちが困っていることも事実だと思います。
あまりにも選挙区が広くて自分たちの声が届いているのかと。
そもそもの問題は東京への極端な一局集中の中で少子高齢化が進んでいることです。

ではどうすればいいのか。
都内の国立の施設を前述の四つの県に引っ越したらいいのでは。つまり相対的に人口を増やしてこの問題を解決する。
例えば大学。
大学を過度に東京に集中させる必要性はないのでは。
例えば美術館、博物館。
上野辺りにある建物を引っ越ししてもいいのでは。
最新の耐震設備にして、防災も完備した建物を新たに作る。
海外からの観光も念頭に置く。

合区の問題で憲法改正するのは反対です。別の方法、手段を検討すべきと思います。民主主義のルールを守りながら、四つの県の人たちにメリットがあるように。

北朝鮮の意図

北朝鮮の意図について。

ブログ主の想像。
北朝鮮の委員長は日本を攻撃するつもりがあるのか。
もしくはアメリカを攻撃するつもりがあるのか。

ブログ主は北朝鮮が日本を攻撃することは基本的にないと思っています。現状において。
ただ偶発的に攻撃をする可能性はあると思います。

では今の北朝鮮の行動、核実験、ミサイル実験の意図は何か。
威嚇だと思います。

北朝鮮が日本を攻撃した場合はどうなるか。
日米安全保障条約に基づきアメリカ軍が北朝鮮に攻撃します。
アメリカが本当に北朝鮮を攻撃するのかという疑念はあると思いますが、さんざん挑発されているのでアメリカ側は行動を起こします。
北朝鮮の委員長もそれはわかっていると思います。

北朝鮮の委員長はどのような人物なのか。
タバコを吸い、酒を飲み、セックスをする。
そして義理の兄を消す。

義理の兄を消したとするならば、それはなぜか。
自らの立場を守る為。

なぜ日本やアメリカに対して威嚇するのか。
自らの立場を守る為。

カルトのテロリストならば自爆を恐れずに行動するはずですが、北朝鮮の委員長は違うと思うのです。

ジョジョ ダイヤモンドは砕けない 第一章 映画

グレートだぜという映画。

原作の雰囲気を出そうとしているのがよくわかります。
特に後半は原作の怪奇的展開を見ることができました。

以下、ブログ主の妄想。
この映画を観た観客はバイツァ・ダストに取り憑かれる。
第二章以降が爆発する運命にあるという妄想に悩みながら同じような毎日を繰り返すことになる。
以上、妄想終わり。

立憲主義と共にあらんことを

2017年9月28日国会召集の予定。

願わくは日本の将来に希望、光がありますように。

Welcome lunch AIR

AIRを聴きながらのんびり。

忙しいと夢の中の出来事のように感じてしまう。

優しい雨 小泉今日子

小泉今日子バージョンを聴く。

のんびりしたいが忙しいのは明日も。