インフルエンザ 次なる災厄に先回りしたいが

インフルエンザウイルスの話。

以下に書く文章はブログ主の空想です。

20世紀以降の100年と少しの間に新しく現れたA型インフルエンザウイルスで確認出来ているのは5種類のようです。
それぞれがどこからやってきたか書いてみます。
スペインかぜ:北米
ソ連かぜ:中国北部
アジアかぜ:香港
香港かぜ:香港
2009年インフルエンザ:メキシコ

このように見ていくと東アジアとアメリカ大陸の2つの地域になります。
なぜこの二つの地域なのかというと人口密度と人の移動なのかなと思います。
ある程度の人口があって人から人に感染しないと流行にはならない訳です。
また離島では島の中で流行しても、島の外に行く人がいないと流行は終わってしまう訳です。
そんな訳で他の地域でも新しいインフルエンザウイルスが現れているのかもしれませんが、流行する所までにはならないで終わっているのかもしれません。

ではなぜヨーロッパなどのある程度の人口密度があって、人の移動もある地域から新しいインフルエンザウイルスが現れていないのでしょうか。

5種類のインフルエンザウイルスの現れた場所を緯度で見ると香港とメキシコ、北米と中国北部は同じぐらいなのかなと思ったのでした。
つまり緯度が同じぐらいの場所ならば、気温などの気候条件が似ていて新しいインフルエンザウイルスの出現に影響している可能性はあるのだろうかということです。
繰り返しますが、ブログ主の空想でここまで書いています。

結局、100年と少しの間でわずか5種類しかないのに、やってきた理由などわかるはずなどないのでしょう。
もしシンギュラさんがいるならば、こういう場合の想定される可能性とか提示してくれないかなとも思うのです。

そもそも、なぜこんなことを空想したのかというと集団行動に秘密の地図をもらったからです。

ローサは密告された 映画 ネタバレ注意

フィリピンの話。

麻薬の密売で警察に逮捕されるストーリーです。日本の感覚ならば、それはそうなるだろうという感想でしょう。
親が麻薬で逮捕されたら日本では家族がバラバラになってしまいそうですが、この映画では家族が団結します。
なぜか。
結局、貧しい暮らしの中で家族が協力することしか方法がないのかもしれないと思いました。

警察に捕まってから保釈金を警察に要求されます。実際には裏金として巻き上げるということです。
この裏金を集めるのに逮捕された親に代わって子どもたちが頑張るわけです。

ドゥテルテ大統領が麻薬の密売に対して射殺も辞さない対応を行って、国民から支持されているのも良くわかります。
しかし、社会全体に不正がはびこっているならば、犯罪者を射殺しても、次の犯罪者が出てくるだけで根本的な解決は難しいのだろうなと思うのでした。

生れながらの悪人もいるのかもしれませんが、多くの人は環境に影響されるのだろうという感想です。
口汚く罵りながら、お金を借りに来た子どもにお金を渡す親戚のおばさんのシーンを見ながら。
この人が日本の普通の家庭で生活していたらどうなっていたのだろうかと想像しながら。

大学無償化と通信制

大学の無償化について議論があります。

大学の授業料を免除することを憲法改正して行いたい方々がいるようです。
大学無償化にブログ主は基本的に賛成ですが、憲法改正する必要はないと思います。
議論の中では在学中は無償で卒業後、就業したら支払いを行う方法も検討されているようですが、それは果たして無償化なのでしょうか。

在学中も卒業後も一切無償の方法も議論されています。しかし放送大学などはどうなるか。放送大学は入学試験も入学料も無いようです。
今は授業料を支払うだけですが、これが無料になるということでしょうか。
そうすると4年間程度在学するとその間はほぼ無料で勉強が出来て、学生割引で美術館などに行くことが可能になる。
社会人が放送大学に入学するメリットは非常に大きくなる。しかし、税金を投入して運用することは本当に大丈夫なのか。

800億円もの税金をかけて憲法改正して、上手くいかなかったら更に800億円かけて憲法を再度改正することができるのでしょうか。

大学無償化は憲法改正ではなく、法改正で対応した方が望ましいと思うのです。

LIFE IS SPIRAL 201708

止められないものを止めてみたいと思いながらのんびり。

くるくるまーくのすごいやつ 201708

未来につれていってほしいと思いながら出発。