読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい国立競技場の維持費

新しい国立競技場の維持費について書いてみます。

昨年の都知事選の時にも書きましたが、五輪開催に伴って多額の出費が発生しそうです。
新しい国立競技場も年間の維持費が24億円になるとの予想もあるようです。
さて年間24億円ならば月に2億円の維持費になります。
入場料が1人4000円ならば5万人の観客で2億円の収入になります。
あくまでも維持費で2億円なので、興行を行う場合の運営費、人件費などは別ということでしょう。
ネーミングライツで12億円ぐらいの年間収入があればもう少し維持費の負担は小さくなるのでしょう。
FC東京がホームスタジアムにする場合、ここ数年の1試合当たりの入場者が2万5千人ぐらいでリーグ戦は月に2試合程度のホームとして開催。そしてその場合、今までのホームの味スタはどうするか。
そもそもの建設費も昨年から使い始めた吹田スタジアムに比べても非常に高額のようです。
トータルで考えるといろいろと難しそうに見えますがどうでしょうか。